高菜漬けの由来

「高菜」は1000年前(平安時代)に高菜の元となるものが中央アジアからシルクロード経由で日本に伝わりました。 また、明治時代に中国四川省から高菜の在来種というべき青菜が、九州・東海地方に伝わったとされ、九州では、紫高菜、柳川高菜、相知高菜と言う高菜漬に適した三池高菜などが生まれたと言われています。 高菜はカラシ菜の一種でワサビやマスタードと同じ辛み成分を有しており、保存性高い野菜として重宝されたことから、浅漬けから長期漬け込み発行まで、幅広く楽しまれいます。

高菜が漬物に適している理由

「高菜」は1000年前(平安時代)に高菜の元となるものが中央アジアからシルクロード経由で日本に伝わりました。 また、明治時代に中国四川省から高菜の在来種というべき青菜が、九州・東海地方に伝わったとされ、九州では、紫高菜、柳川高菜、相知高菜と言う高菜漬に適した三池高菜などが生まれたと言われています。 高菜はカラシ菜の一種でワサビやマスタードと同じ辛み成分を有しており、保存性高い野菜として重宝されたことから、浅漬けから長期漬け込み発行まで、幅広く楽しまれいます。

松本商事について

昭和22年6月9日、長崎県長崎市で漬物・佃煮・味噌の製造卸問屋を設立。 たくあん、高菜漬、佃煮、味噌を製造販売をはじめました。 現在は、国産原料にこだわり、添加物・着色料・保存料・甘味料を使わない商品の販売にも力を入れており、自動包装機・自動真空機・加熱殺菌機などを使い安心できる商品を製造しています。 「たぬきさんシリーズ」のデザインは、たぬき絵作家の堤けんじさんのご協力により、長崎の教会や各地の名所・街並みや、長崎くんちのたぬき絵を使用。絵はがき感覚で楽しめるパッケージは、包装のかわいさと、長崎らしさから贈答やお土産の品としてもご好評いただいております。

 

堤けんじさんのご紹介

1950年、長崎市生まれ。愛するふるさとの姿を、擬人画で表現している作品で知られています。縁起物のたぬきが有名で、国内はもとより、海外でもセントポール市(アメリカ)やヴュルツベルク市(ドイツ)へ紹介され友好親善の役割も果たしています。また、原子爆弾により被曝を受けた山王人車の楠を守るため、たぬき絵手ぬぐいを作る活動に取り組まれています 昨年は、地元サッカーチーム「V・ファーレン長崎」を応援するためにたぬき絵手ぬぐいを作成するなど幅広い分野で活躍されています。

お問い合わせ

〒850-0841 長崎県長崎市銅座町3番28号

TEL 095-822-3281

FAX 095-822-3282

mtmtkk@abeam.ocn.ne.jp

  • Facebook Social Icon

Copyright © 2017 松本商事株式会社 All Rights Reserved.